fc2ブログ

【1分でわかる】今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

文章を書くのが苦手な人へ伝えたいこと

会社への報告書




相手へ何かを伝えたいときに書く文章




「これでいいのかな~」




「これじゃわかりにくいかな~」




何か文章を書くときに悩みながら書く人がいます。




なかなか筆が進まないという人がいます。




そのような時にはどうすればいいのでしょうか?





それは自分がその文章を読んでわかりやすい。おもしろい。と思ったことを感じながら書いていけばいいのです。




見方を変えると、自分がわかりずらい。つまらない。と感じた文章は相手も同じように感じる可能性が高いでしょう。




そして、書いて書いて、完成したら読み返す。




微調整箇所がそこそこあればそこを修正していく。




この作業で文章は出来上がっていくものなのです。




まずは自分が満足するものを考えてから次の作業へと移していきましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2023/10/04 11:35 ] 行動 | TB(-) | CM(0)

ドラマ「VIVANT」から学ぶ、心ドキドキの法則

本日、日曜劇場TBSドラマ「VIVANT」が最終回を迎えます。




ドラマの結末はどうなるのか。




あらゆるストーリーを予想されておりますよね。




どのような展開になるのでしょうか?




先がわからない展開は人にときめきを与えて心を活性化させてくれます。




この心揺さぶるドキドキはたまらないものですよね。




放送まで刻一刻と時計が刻まれております。




その時を待ちましょう。






またこの心揺さぶられるドキドキはテレビのドラマ以外でも、自分で体験することができます。




それは自ら体験したことがないことを行うこと。行ったことがない世界へ飛び込むこと。行ったことがない場所へいくこと。




何があるのだろう。何が起こるのだろう。この先にはどのような景色が広がっているのだろう。




考えただけで、心が跳ね上がるのではないでしょうか。




しかし、それと同時に初めてのことには不安も同時につきまとわれます。




さぁーどうする・・・。




このような時には考えるよりも先に、思い切って「えいやー」という気で始めることが良いものなのです。




仮に失敗してしまった、予想外のことが起こってしまった。




それはすべて経験としてプラスの材料になるものです。




このドキドキを自分の糧としましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/






[ 2023/09/17 17:29 ] 行動 | TB(-) | CM(0)

わくわくと挑戦する方法とは

先日は、4種類の欲求についてお話をさせていただきました。




本日は、その中の挑戦について




簡単にお話させていただきたいと思います。




この挑戦については、人によってなかなか手が出しずらいという方も多くいらっしゃるのではないのかと感じられます。




なぜ、手が出しずらいのでしょうか。




人それぞれ挑戦することに対して、どのようなことを挑戦したいということもあり、一概にはいえませんが





挑戦することに抵抗がある人は、このような考えが先行していると考えられます。




それは、「自信がない」。




ということです。




自信がないから、挑戦なんてするだけ意味がない。




そのような方向へと向かってしまい、挑戦することの第一歩が踏み出せていないのではないでしょうか。




ここで、そのような方にまず行っていきたいことをお伝えしていきたいと思います。




最初にすることは、自分の将来像を描くということです。




こうなりたい、ああなりたい。




このような未来を描いてください。




次には実現のために何をするべきなのかを思い描いてください。




そこで自信が持ちたのであれば、すぐさま実行へと移しましょう。




まだ自信が持てないというのであれば、そこからもう一段階、下へ下るようなイメージを持ちながら、簡単に挑戦できる事柄を思い浮かべてみましょう。




山へ登るイメージで考えてみますと




○○山へ登る。




どうしたら登ることができるのであろうか。




知識をつける。体力をつける。




それだけでは到底登ることは出来ない。




まずは低い山に挑戦してみよう。




いやいや、その低い山も今の体力では難しいぞ。




では体力をつけよう。まずは普段使っているエレベーターをやめて階段を利用してみよう。




このように様々なことが、できることが探せばありますよね。




どんどんと果敢に挑戦していきましょう。




その挑戦する行為は自分自身に満足感を与えてもくれるのです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/





[ 2023/09/15 11:29 ] 行動 | TB(-) | CM(0)

今、何かに挑戦していますか?

今、何かに挑戦していますか?




人は何かに挑戦をしている時に、わくわくする気持ちが表れます。




この感情は欲求感情の一つでもあります。




欲求感情は大きく分けて4つあります。




「承認」「つながり」「安心」「挑戦」






承認は、誰かに認めてもらいたい。




つながりは、誰かとつながっていたい。何かの障害トラブルに見舞われてもつながりがあることで生命財産をも守ることにもつながります。




そのつながりは、安心へとつながっていきます。




この3つについては、わかりやすい例としてSNSがあげられますよね。




誰かに認められるために、記事や写真を上げる。




そこから誰かとのつながりが生まれる。




仲間ができて安心感が生まれる。




簡単に説明しますと、このような構図になるでしょう。




さてさて、もう一つの欲求感情の「挑戦」があまり身近な存在ではないのかもしれません。




このようなスキルを身につけたい。




○○したい。




将来こうなりたい。




このような欲求は、みなさんの中にありませんか?




実は・・・。




ありますよね。




ですが、人前でなかなか口に出すことも出来ないのではないでしょうか。




それはもしかしたら壮大な挑戦であるかもしれません。




またまた、できるわけがない無謀な挑戦と感じている人もいるかもしれません。




しかし、しかし、その挑戦する姿を達成した姿を思い浮かべると、ワクワク感が体の中から燃え上がってくるのでしないでしょうか。




それが欲求の火元です。




その挑戦するということは、とても素晴らしく、挑戦することで挑戦欲求を満たしてくれるのです。




ではどのようにして挑戦の扉を開けていけばよろしいのかは、後日お話させていただきます。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/




[ 2023/09/14 11:30 ] 行動 | TB(-) | CM(0)

あなたのその行動は、誰かが見ています。

ある大手中古車会社の不正が問題になっています。




中古車 = 悪い。




そんな印象になってほしくないと感じます。




昔は、中古車=事故車。中古車=メーター改ざん。と悪いイメージーが一部でございましたが




現在は、そのようなイメージは払しょくされつつある状況で、この報道。




残念でありません。




おおくの人は、コツコツと一生懸命に働いています。




その中で、一部で道を踏み外して働いている人もいます。




悲しいことに、その一部の道を踏み外してしまった人が、コツコツと一生懸命に積み上げてしまったものを一瞬にして崩してしまうのです。




ちょっとぐらい大丈夫。




誰も見ていないから大丈夫。




そのような考えが1ミリでもあればすぐさま自分の胸に手を当ててみましょう。




これはすべてのことに言えることです。




努力している努力には、必ず誰かがその努力を見ています。




それと同様に、悪いことをしていれば、それは誰かがそれを見ています。




責任ある行動を心がけましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/





[ 2023/07/17 21:47 ] 行動 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計