fc2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

伝説のコンサート「中森明菜 スペシャルライブ1989」を見ました。

先日、拝見させていただいた、「伝説のコンサート 中森明菜 スペシャルライブ1989 リマスター版」。




中森明菜さんがデビュー8周年を記念して開催されたコンサートでした。




デビューから発表されたシングル曲をすべて歌いきるという内容でした。




「少女A」




「セカンドラブ」




「禁区」




「DESIRE -情熱-」




どの曲も、今聴いていてみても色褪せることない、すばらしい名曲です。




歌声についても、今現状のスタイルの歌手にはない、スタイル。




個人的にひと言で言えば「かっこいい綺麗な歌声」といえばいいのでしょうか。




聴いていると自然に魅了されていくのがわかるのです。





当時のアイドルといえば松田聖子さんも思い出すでしょうが、まったくスタイルが違う方向性の歌手の中森明菜さんです。




たっぷりと放送を堪能させていただきました。




ありがとうございます。




また、時期を置いて「中森明菜スペシャルライブ~ 2009 横浜」も放送されました。




こちらは邦楽のカバー曲をコンサートとして披露した内容です。




印象に残ったのは、中島みゆきさんの名曲「悪女」を歌ったときです。




中島みゆきさんが歌う「悪女」とはまた違った中森明菜さんの「悪女」。




心が揺さぶられました。歌う人が替わることで、こういう雰囲気になるのだととても印象に残りました。




1989年のコンサート、2009年のコンサート。それぞれ拝見させていただきましたが、両方にいえるのが中森明菜さんは本当に歌が好きなんだなということです。




学生時代は修学旅行に行ったときにはバスでずっとマイクを握りっぱなしで歌い続けたということもエピソードとして耳にしたことがあります。




現在は体調がすぐれなく休養中とのことですが、機会があれば歌声を聴いてみたいものです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/07/23 11:24 ] ミュージック | TB(-) | CM(0)

吉田拓郎さんが芸能界を引退。いつかこの時期が来てしまうことに対して声援を送りながら見送っていきましょう。

吉田拓郎さんが芸能界引退のニュースを目にしました。




吉田拓郎さんは、現在76歳。




一般の会社員で例えるならば、定年の時期でもあります。




いつかはこの時期が来てしまうというということは覚悟しなければいけないことかもしれませんが、なんとも複雑な気分ではないでしょうか。






吉田拓郎さんの代表曲としてすぐに頭の中に過るのが、「結婚しようよ」「夏休み」などがあげられるのではないでしょうか。




今の若い方の世代も、曲を聴けば「あぁーーー」と自然に口に出てくるような曲であります。




76歳。これから先は自分のペースで好きなことをやりながら過ごすということで、悠々自適の生活を満喫してほしいものです。




ですが、いやはやなんとも複雑な心境なのは私だけではないでしょうね。




ひとつ年が若い井上陽水さんは75歳。




先日は、74歳の小田和正さんが最年長でコンサートツアーを開催しました。




また、加山雄三さんも年内で歌手活動を引退とのニュースもありました。




人としての決断は、その人の人生の決断でもあります。




その人が考え抜いて出した結論については、温かく見守り声援することが、ファンとしてのひとつの「ありがとう」という感謝の表現なのではないでしょうか。

きてしまうことを


ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/06/25 22:07 ] ミュージック | TB(-) | CM(0)

京急電鉄のドレミファ車両が、夏の終わりとともに消えてしまいます。

京急電鉄でマニアに人気の「ドレミファ車両」が2021年の夏に廃止されます。




ドレミファ車両、または「歌う電車」「ドレミファインバーター」とも呼ばれていますね。




ではでは、このドレミファ車両とは、歌う車両とは、いったい何なのでしょうか。





それはインバータ装置(電力をモーターに適切なものへ変換する装置)の作動音から由来がきています。




電車が動く前にインバーター装置が稼働します。




その時に「ドレミファ~♪」と音階を奏でるように音が発生するのであります。




製造された会社はドイツ・シーメンス社製。




しかし機会は時間が経つにつれて、老朽化され交換されていくものですよね。




このドレミファインバーターもその流れにのまれ消えていってしまうということなのです。




ですが特徴ある音に、別れを惜しむ方が声をあげて話題として取り上げられているのです。




先日も記念切符が発売されて話題になっていましたね。




夏の終わりと同時にドレミファ車両も消えていってしまうようです。




現在は1編成のみの運行とのこと。




乗車されて「ドレミファー♪」の音を聴けた方はラッキーですよ。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/07/14 11:12 ] ミュージック | TB(-) | CM(0)

サザンオールスターズ桑田佳祐監督作品の映画「稲村ジェーン」が復活

あすの6月25日にあの映画「稲村ジェーン」がDVDおよびブルーレイとして発売されることになりました。




サザンオールスターズの桑田佳祐さんが作った映画作品です。




映画が放映されたのが1990年。今から約30年前ということになりますね。




当時の情景がふっと頭を過ぎった方もいらしたのではないでしょうか。




この映画でサザンオールスターズとしての名曲「真夏の果実」や「希望の轍」等も生まれましたよね。




最近、サザンオールスターズの曲を聴かれた方もいるかもしれませんが、映画、稲村ジェーンから生まれたものは数々あるのです。




当時を振り返りながら見させていただこうかと思っています。




個人的には曲との映像のマッチングが感動的に最高でした。今も頭に刻み込まれております。




梅雨雲が空を覆っていますが、江の島湘南の夏を舞台にして作られた稲村ジェーンを体験し、一足早く夏を先取りしてみてはいかがでしょうか。

「稲村ジェーン」完全生産限定版(30周年コンプリートエディション) Blu-ray BOX




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/06/24 11:27 ] ミュージック | TB(-) | CM(0)

伝説のコンサート「山口百恵」1980年10月5日 日本武道館 を見ました。

伝説のコンサート「山口百恵」1980年10月5日 日本武道館




ご存知でしょうか。




個人的には伝説ということは耳にしていましたが




実は、実際はVTRでも見たことがありませんでした。




なぜ急にこのようなお話をするのかというと




本当に偶然なのですが、本当に偶然なのですが




たまたまテレビのチャンネルをぐるぐると回していたら・・・なんと・・・。




本日NHKで放映されていたのでした。




「えっ」「これってあの・・・」




そこから先はテレビの前から動くことは出来ませんでした。




この伝説のコンサートが行われた時には山口百恵さんは21歳だったんですよねー。




21歳とは思えないような、自分の思ったことを素直にまっすぐに話す。これはなかなかできるものではありません。




そして魅力的で特徴的なのが歌声です。




その歌声、なんといっていいのか難しいのですが、貫禄がある高音が最後まで伸びきる歌声、恰好がいい歌声といえばいいのか、本当に難しいのですが、この音程は誰にでも真似することは出来ないのでしょうか。




今この時に聴くことであらためて凄さが伝わりました。




聴いて見たことがないという方はぜひ体感してほしいです。




またコンサートで目立ったのは女性ファンでした。この魅力に憧れて、こんな女性になりたいというコンサートを見ていた女性の気持ちが伝わりました。




個人的には「秋桜」「いい日旅立ち」がとても好きな曲です。

GOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション





伝説は語り継がれます。




この伝説を体感をしていただき




その伝説をこれからも語り継いでほしいものです。




本当にすばらしかったです。




ありがとうございます。

伝説から神話へ BUDOKAN・・・AT LAST 1980.10.5.(リニューアル版)(Blu-ray Disc)




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/01/30 18:58 ] ミュージック | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計