fc2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

部下や子供への接し方は、共感し仲間になるということが大切。

部下の話に耳を傾けていますか。子供の話に耳を傾けていますか。




部下の話に共感していますか。子供の話に共感していますか。




話を聞いて、共感する。




この手順を飛ばしてしまうと、相手はこちら側から話をした場合に、聞き入れてくれません。






部下や子供が失敗やトラブルを起こす。




この時にいきなり叱りつける。怒ってしまう。




こうするとただ、ただ怒られているという感覚だけに捉えられて、こちらの話は右から左へと流れてしまい、次の予防対策が取れないということへとつながってしまいます。




まずは相手の話しに耳を傾けて、共感する。




そして同じ目線でその時の状況に立ち返ってみる。




そこから解決策を共に考える。




こうした上下の関係ではなく仲間の関係を構築する。




すると自然に耳を傾けて聴いてくれるのです。




その後は失敗から学び、自立して成長していくという過程が生まれていくのです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/06/21 11:32 ] 仕事術 社内コミュニケーション術 | TB(-) | CM(0)

イライラしてきたと思ったら意識的に笑顔。笑顔。怖い顔の人とニコニコとしている人とどちらの人が話しやすいですか。

質問です。




話をしていて、話しやすい人はどのような人でしょうか?




怖い顔で鋭い目つきの人。




ニコニコと笑顔で微笑んでくれる人。




多くの人が、ニコニコとしている人が話しやすい人と感じるのではないでしょうか。






人から発信される情報は、自分では計り知れない未知の宝が埋まっている場合がございます。




そのことは話を聞く側もわかっていることでしょうが、その話の真意を早く知りたい早く知りたいと思うほど、あせりイライラしてしまい、表情はこわばってしまう。気がついたら怖く鋭い目つきになっているということが、多々あるものなのです。




では、真意を早く聞きたいけどなかなか自分が知りたい情報が出てこなくイライラとしてきた場合には、どうすればよろしいのでしょうか




それは意識的に顔の表情筋を使って笑顔を作ることへとシストしていきましょう。




おもしろいことに、笑顔を意識的につくることで、おもしろくないことでも面白く感じてしまうのです。




人は嬉しいことおもしろいことが起こることで、笑顔が表情に表れます。




それと同じように、笑顔をつくると、なんだか心がホットしてくるのです。




なんかイライラしているなと思ったら意識的に笑顔をつくるようにいたしましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/06/08 11:30 ] 仕事術 社内コミュニケーション術 | TB(-) | CM(0)

部下へは今まで通り、腰を高くすることなく接しましょう。

4月から新年度が始まっているという企業も多く




その4月の時期に昇進した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。




その4月から現在早や6月です。




2ヶ月が経過しました。






現在、上司という立場となり、お仕事は順調に進んでいるでしょうか。




部下がついてこない。指示をしても反応が鈍い。以前と比べて上司の立場となり孤独になってしまった。




もしこのような状況であれば、腰を高くして上から目線での接し方が問題になっているのかもしれません。




腰を高くしすぎることで、相手の部下に対して自然と強く当たってしまうことが考えられます。




立場が変わった自分を、周りに伝えたいという思いが高圧的な態度へと変わってしまっていることが考えられます。




人を不快にさせてしまえば、人は動きません。




逆効果として、恨みを買い敵を作ってしまう結果へつながってしまうことも考えられます。




今まで通り、腰を高くすることなく、むしろ低めの位置から接することでフレンドリーな関係を維持しながら接してみましょう。




敵を作ることもなく、もしかしたら応援をしたくなったということで、積極的に指示をしてくれる環境が生まれてくるのではないでしょうか。




人は感情で動きます。




人の感情を大切にしながら、大事に信頼関係を作っていくことから、はじめてみましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/06/02 11:30 ] 仕事術 社内コミュニケーション術 | TB(-) | CM(0)

「プライド」と「プライドの高い人」。同じようで受け止め方は様々です。

「プライド」という単語を調べてみました。




「自尊心」




「誇り」




おもにこのような意味合いのことを想像するのではないでしょうか。




とても格式が高い、良い言葉と印象を持ちことが出来ます。






しかし、人でいう「プライドが高い」言葉でいうことで考えるとあまりいい印象には受け取られないのではないでしょうか。




プライドが高い人というケースで考えると意味合い的には




相手を上から見ているような人物像




相手からよく思われたい人物像




そのような見方も生まれてきてしまいます。




プライドを持つことは良いことです。




誇りを持ち、責任を持ち、高い志を持つ。




それを他人へ無理矢理押しつけてしまうと、人間関係の構築の弊害にもなることも考えられます。




自分からプライドを見せつけるのではなく、相手から自分の考えというものについて引き寄せられる光り輝いているプライドを持っていれば、自分からプライドを押しつける必要もないでしょう。




プライドは自分の心の中に信念として持つことであり、見せつけることではないでしょう。




見せつけるのではなく、見てもらう。




もしも、他人から「あなたのプライドは?」と聞かれたら、自信を持って答えられるかどうか、振り返ってみましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/05/26 11:31 ] 仕事術 社内コミュニケーション術 | TB(-) | CM(0)

敵をつくっても良いことはない。

会社内、学校内、近所で、それぞれいろいろな方々と過ごしていると




気が合う人、気が合わない人、といらっしゃるのではないでしょうか。




人の性格はすべてが一緒ではありません。




意見が似かよっていて、気が合う人もいれば、考え方の違いから気が合わない人もいるでしょう。






ここで気が合わない人に対して、あの人は嫌だ。と一方的に嫌っていても仕方がありません。




その嫌悪感が相手を敵とみなし、対立構造をつくり上げてしまうことも考えられます。




敵とは、相手を排除するということから出てくる発想です。




排除するのではなく、どのように向き合えばいいのかを考えることが先決なのではないでしょうか。




排除するということは心が狭いということにも捉えられます。




敵を作ることで、なにか良いことはあるのでしょうか?




心を広く持つことで、人の器が広がるということではないでしょうか。




共に生きる。




という考えを先行して考えて見ましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/05/25 11:21 ] 仕事術 社内コミュニケーション術 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計