FC2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

ラーメンを食べ終わった後に言われた店員さんの一言です。

あるお昼時




お昼はラーメン。



ラーメンを食べて完食。




そしてお店を出るという当たり前の光景がありますね。





そんな中、始めて入ったあるお店でこんなことがありました。




普通通りにラーメンを完食。




ちなみに出されたものはすべて完食しスープもきっちりを食するのです。




その日もスープまできっちりと完食させていただきました。




すると店員さんの方からこんな声を掛けられました。




それは




「きれいにありがとうございます」。と声を掛けられました。




これはとても嬉しかったです。




今までそのような声掛けはありませんでした。




意外ではございますが、そのような声掛けは今までございませんでした。




お店の方も綺麗に食べてもらって思わず出た言葉なのかはわかりませんが




食べた方は、お腹も心も満たすことができました。




ごちそうさま。ありがとうございます。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/06/07 11:41 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

ポジティブ情報・ネガティブ情報を伝える場合には、語尾の上げ下げに工夫を伝えると、話のリアリティが増します。

先日は、話すときには「絵本を読み聞かせること」をお話しさせていただきました。




その話と似たような話になります。




皆さまは話をする時に、「ネガティブ情報」・「ポジティブ情報」を伝える場合にどのような工夫をされているでしょうか。




「・・・特に何も意識していない・・・」。




とお答えの方が多くいらっしゃるかもしれませんね。





そこでちょっとした工夫を加えると、話にリアリティを付け加えることができます。




その工夫とは、「語尾」です。




暗いネガティブ情報を伝える場合には、語尾を下げてみましょう。




「家電が故障してしまった↘」




「お客さんからお叱りを受けてしまった↘」




いかがでしょうか。淡々と話すよりかは、ちょっと雰囲気が変わってきませんか。




そして、明るいポジティブ情報を伝える場合です。




「この洗濯機が凄いのです↗」「なんとどんな汚れも白くキレイにしてしまうのです↗」




「こちらの掃除機を使えば強力な吸引力で、どんなものでも吸い取ってしまうのです↗」




いかがでしょうか。




最近はお茶の間で、テレビショッピングをよく目にすることがございます。




よく観察してみると、この語尾の使い方をうまく利用しているのがわかるかと思います。




最初に「語尾を下げて」説明するネガティブ情報、そして購入してみてからの「語尾を上げる」ポジティブ情報。




話をする時に、語尾の上げ下げを工夫をしてみましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/05/28 11:26 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

話をする時には、絵本を読み聞かせることを思い出しましょう。

みなさまは幼いころに絵本を読んでもらったことはありますか。




または、子供に絵本を読んであげたことはあるでしょうか。




絵本は、ストーリーや全体像を伝える場合には、淡々と話を進めますよね。




登場人物が話をするシーンでは、その登場人物になりきった雰囲気で声の質やスピードを変えたりしますよね。




そうすると、その場面が頭の中で想像が出来始めて、物語に引き込まれていくように集中して話を聴くことへとつながつていまきます。




しかし、同じリズムで話を淡々と進めてしまうと、聞き手の頭の中には物語の情景を描くことは難しいでしょう。




同じ文字に書かれていることを話すことでありますが、声のトーンやスピードに変化を加えるだけで、聞き手の捉え方は大きく変わるのです。




子供に絵本を読み聞かせることを思い出しながら、話し方にも工夫をしてみましょう。






ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/27 11:11 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

「間」を取ることで、会話がわかりやすく伝わりやすくなります。

まだまだコロナ過が続き、自宅でWEB上での対応が続いているのではないでしょうか。




そんなWEB上での会話について何回かお話しさせていただいておりますが






今回は「間」についてです。




対面では、流れるように話をしながら、ちょっと聞き取れない場合は「えっ」などと聞き返しながら、話が流れていきます。




WEBでは話をしている途中で、聞き返すというのはなんとなく失礼にあたるようで難しい状況かと思います。




ですから話し手は、確実に相手に伝えることを伝えなければいけません。




そこで意識的に「間」を多くとることが求められます。




文章を書くときに「、」←この句読点を入れると思いますが




話すときには、この句読点を意識的に間に入れるイメージで話してみてください。




句読点を入れることが「間」を作ることにつながります。




「間」は不思議なもので、意識しないと取れないものです。




話が始まると、相手に伝えたいという思いが強くなり、いつの間にかに「間」がなくなっていることが多いのです。




ですので事前に意識して




話すことを文章にしている場合は「、」句読点を事前に必要以上に書き入れて対応してみてください。




せっかくのお話です。




最初に相手に伝えるではなく、伝わるようにするにはということを考えながら話を進めていきましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/20 10:01 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

おはようございますの「お」に注目してみましょう。

「おはようございます」




大型連休のゴールデンウイークも終了し、今日から会社という方もいるのではないでしょうか。




そこでの第一声「おはようございます」






このおはようございますの「お」という音ですが




意外と高くこもってしまう音でもあります。




ですので「お」という音に意識しながら、大きな声でハッキリと発生するイメージで話し始めましょう。




特にWEB上での会話であれば、相手にわかりやすく聞いてもらうためにも特に意識をしてみましょう。




それでは、身体が少々なまってしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが




元気に「『お』はようございます」から一日をスタートさせていきましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/06 09:23 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計