fc2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

「何でも知っていると知っていると思うなら、それはもう死んでいるということだ」。プロレスの神様と呼ばれたカールゴッチさんの名言

「何でも知っていると思うなら、それはもう死んでいるということだ」




この言葉はプロレスの神様と呼ばれたカールゴッチさんの名言です。






人は成長し続けるためには、「自分はまだまだ」という思いがあるからこそ成長を助長してくれるものです。




そこでどのようにしたらよいのかと理想の成功した自分を想像しながら考え行動します。




しかしその反対の方も一部でいらっしゃるのではないでしょうか




それは、「自分は凄い」という考えの方です。




こう考えてしまうと、自分にできないことは何もないと考えるようになり、何でも知っているかと学ぶことをしなくなります。




「自分が一番」「絶対に負けるわけがない」「失敗するわけがない」。




この思い込みが惨劇を生むきっかけといってもよいでしょう。




人は未熟さと向き合い、真摯に謙虚であり続けることで、学び続け研鑽し続けます。




つまり成長していくのです。




「何でも知っていると思うなら、それはもう死んでいるということだ」このカールゴッチさん、残念ながらお亡くなりになっていますが、今日の8月3日が誕生日でもあります。




言葉は生き続けます。いつまでも。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/






[ 2022/08/03 11:25 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

劣等感はとても良い言葉。人の成長には必要な言葉です。

「劣等感」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか。




多くの人が、他人と比べて劣っている、負けている感覚。そのようなイメージを持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか。




このあまり良いイメージがない言葉ですが、実はとても良い言葉です。





誰かと比較し劣っているであろう部分をなんとか埋めようと努力する。そして努力した分に対して人は成長することができます。




劣等感が成長するきっかけを作ってくれたということでもありますよね。




またわかりやすい例として、他人との比較で例をあげてしまいましたが、これは理想の自分と今の自分を比較して劣等感をつくり出すこともできます。




「理想の自分」と「今の自分」。この「差」を知り成長する物差しとする。




そうして行動する原動力となっていきます。




またこの劣等感は、あるときに優越感へと進化するときがあります。




それは、「もっと知りたい」と思えた時です。




人よりもっと知りたいが達成できると、もっともっと満足感は生まれてきます。




この劣等感と優越感が人をより一層大きくしてくれるのです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/07/27 11:26 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)

「なんでだと思う」と質問すると、自分で考え始めます。

昨日の「なぜなぜ期」のお話の続きとなります。




こどもが「なんで?」「どうして?」と質問された時に寄り添い、決して突き放してはいけないというお話をさせていただきました。




ここでこどもの「なんで?」「どうして?」の言葉からこどもを成長することへと導く言葉を紹介させていただきます。






それはいたって簡単です。




「なんでだと思う」と聞き返すことなのです。




こどもへ質問することで、そこでこどもは自分で考えます。




こどもが自分で考えるという機会を与えることへとつながります。




こうすることで、自分なりに考えて見て想像しながら答えを導くというスキルが育つことへとつながります。




そうして最後に答え合わせ。




こともの答えに違和感が割れば、きちんと説明をし、正しい方向へと導いていきましょう。




会社の部下の教育にも同じことがいえますよね。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/




[ 2022/06/23 11:30 ] 言葉 子供が育つ魔法の言葉 | TB(-) | CM(0)

こどもの「なんで?」「どうして?」は知的好奇心を育むとても大切な言葉。

子供からの「なんで」。「どうして」。




いわゆる、こどもの「なぜなぜ期」といわれる期間です。




この期間に、「忙しいから、静かにして」。「まだ、そんなことは知らなくていいの」。




こんな感じで突き放してしまうとどうなるでしょょうか。




こどもは、「質問しない方がいい」「質問すると嫌がられる、嫌われる」と思い込んでしまい、新しく興味を持ったことに対して、興味を持たなくなってしまいます。




こどもの「なんで」を潰してしまうことになります。






「なんで」は子どもの成長にとって大切なものです。




こどもの知的好奇心のみなもとです。




この知的好奇心が有るか無いかで、のちのちの学習能力に差が出てきます。




知らないことを知る。そして知ったことで喜びへとつながっていく。




なぜなぜ期は、この体験をつくっていくという大切な時期なのです。




これは会社の部下を育てていくことも同じことがいえます。




「なぜなぜ期」は本当に大切な時期。寄り添い一緒に貴重な時間を過ごしてまいりましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/




[ 2022/06/22 11:30 ] 言葉 子供が育つ魔法の言葉 | TB(-) | CM(0)

夫婦の会話が無くなってしまった時に、しなければいけないこと。それはすぐに出来ることでした。

最近、夫婦の間で会話が無い・・・。




長年連れ添ってきた間柄です。




もしかしたらいい意味でもお互いのことを理解し合い会話が無くても、考えていることが理解できる。




そのような場合もあるかもしれませんが、それは両者がそのようなことを考えているかといえば、そうでもない可能性もあります。




突然に離婚届を渡されて、慌てふためいてしまった。そんな話もよく耳にします。




そうならないためにはどうすればよいのでしょうか。





それは、「いただきます」。




「おかえりなさい」




「ありがとう」。




「うれしい」。




そのような感謝の言葉をかけることです。




自分のことを認めてくれた。




自分のことを受け入れてくれた。




自分のやってきたことに対して、感謝された。




自分の存在があることの喜びを味わうことで、人の心は満たされるのです。




当たり前のようにいる存在ではなく、いてくれることで私の生活は成り立っている。




そのことを感謝し、言葉として伝えてみましょう。




その言葉で、お互いの心の火が燃え続けていくのです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/06/16 11:28 ] 言葉 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計