fc2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

甲子園、高校野球が始まりました。全力プレーに拍手、拍手、拍手。

甲子園、高校野球が始まりました。




昨年はコロナの影響で観客の声援はありませんでしたが




今年は昨年と比べ大きな声は出せませんが、観客がいるという状況での開催です。




その想いが選手に伝わったのか、どのプレーも全力を尽くしてのプレーに、見ている方は心を奪われます。






その全力プレーは選手たちの真っ白なユニホームに熱い魂が込められていくように泥だらけになっていきます。




1塁へも全力疾走で、ヘットスライディング。




飛んでいく先のボールに向かって全力で走り倒れながらもボールへと食らいつく。




技術はプロ野球選手にはかないませんが、それ以上に熱い魂のこもったプレーはプロ以上のものが感じられます。




今年もいろいろなドラマ、感動が生まれるであろう甲子園高校野球。




観ている方も夢中になりながら応援させていただきます。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/08/07 20:00 ] スポーツ 野球 | TB(-) | CM(0)

プロ野球、巨人。今だからこそ、試合を再開してほしいのです。

土曜日、日曜日の午後は、この時期プロ野球の試合を見ることが日常になっています。




12球団のうち11球団は正常に運営されているようですが




巨人が新型ウイルスの影響で、現在試合ができない状況が続いています。




なぜ試合ができていないかについては、詳しい情報は出ていないように思えます。




もしも、100%の戦力で試合ができなくて、試合再開が止まっているのであれば




考え方を変えてほしいのです。




プロ野球を観戦しているのは、いやすべてのスポーツといってもいいかもしれません。その観戦している方々は試合に勝つことは望んでいることでしょうが、大前提としてあるのは、全力を尽くして100%の力を出し切り、その姿に共感し勇気をもらうことではないでしょうか。




普段練習に練習を重ねてもなかなかスポットライトをあてられる機会がない方もいるのではないでしょうか。




こういう機会だからこそ、その方々にもチャンスを与えるべきだとも思えるのです。




もしかしたら結果として表れないかもしれませんが、経験としては選手個人の大きな財産となります。




どのような事情かは関係者の方々のみが知る事実かもしれませんが、周りには多くのファンが見守っております。




内に目を向けることは大切ですが、同じ以上に外にも目を向けることも大切なのではと思うのです。




今後のプロ野球を引き続き応援し見守っていきたいものです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/07/31 22:28 ] スポーツ 野球 | TB(-) | CM(0)

逸ノ城、「初優勝おめでとうございます」

大相撲、逸ノ城が初優勝をいたしました。




デビュー時は高い素質がいきなり芽を出し始め、当時の大横綱の白鵬関とも優勝を争ったこともありました。




その後は、パッとした成績が残せず、ケガ等でのコンディション不調により、十両まで落ち込んでしまいました。




時は流れ、デビューしてから8年が経過し、めでたく初優勝となりました。




8年、8年経過しての優勝でしたが、本当に、本当に、デビュー当時は、もうすぐに横綱になれる逸材として期待をされていた力士だったのです。




昨日の初優勝は、横綱と2大関を破り優勝をしたとてもとても光り輝いた優勝です。




これをきっかけに、ぐんぐんと上りつめていく力士となっていくと予感させられます。




逸ノ城、優勝おめでとうございます。




これからの活躍を楽しみにさせていただきます。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/






[ 2022/07/25 11:23 ] スポーツ | TB(-) | CM(0)

正代の、弱さと強さの源とは

大相撲。正代。大関陥落の危機。初日から連敗が続き・・・。やっぱりダメかぁーーー。




そんなふうに思わざる状態でありましたが、気がつけば連勝連勝で大関陥落の危機を乗り越えて




昨日は、優勝争いをしている横綱の照ノ富士を破る快挙を成し遂げた正代。




やってくれました。




あの観客の声援がそれを物語っていましたよね。





この正代は、某テレビ番組で緊張するといろいろと考えてしまい、本来の相撲が取れないと語っていました。




反面、何も考えていないと、自然といつも通りの本来の実力を発揮できてしまったなどとユニークな発言もあったりします。




その言葉通りなのか、序盤はあらゆるプレッシャーに対して、いろいろと考えすぎてしまい、実力通りの力を発揮できなかったのではないでしょうか。




そのような日々が続き、ギリギリの瀬戸際に追い込まれて、もう考えるのはよそう。自然体でやろう。そんな心境があったのかと感じられました。




結果はご存知の通りのすばらしい成果が残せた状況をつくり上げられました。




生きていれば、なにか困ったことが次から次へと起こってしまいます。




そのことであまり考えすぎることで、自分を追い込んでしまう悪循環が生じてしまうことも考えられますよね。




時には、考えてもしょうがない、と割り切り行動することが、良い結果を生み出すことがあるという正代の例ではないでしょうか。




さてさて、本日の大相撲。誰が優勝をするのでしょうね。




楽しみです。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/



[ 2022/07/24 10:08 ] スポーツ | TB(-) | CM(0)

大相撲での前代未聞の事態に、舞の海氏の「喝」と「あっぱれ」の解説が光りました。

本日の大相撲。




最後の取組は、横綱の照ノ富士と横綱との取組が初挑戦の若元春との注目の取組でした。




あっさりと横綱の照ノ富士が勝つだろうかとの下馬評でしたが、若元春が粘りに粘り、会場は白熱した緊張感が張り詰めました。




取組時間は2分を超える白熱した内容に、なお一層場内のボルテージは急上昇。




横綱の照ノ富士もその熱意に押されたのか、形勢は若元春が押す内容と進んでまいりました。




若元春がぐいぐいと攻めたてるそんな場面でちょっとしたアクシデントが起きそうになっていました。




それは若元春のまわしが緩んできていたのです。




しかし、形勢は若元春が有利。




ここぞとばかりにこのチャンスをものにする。ということで土俵際まで追い詰めていったのでしたが、行事がまわしが緩んでしまっていたことに対して一時取組を止めようとしたのでした。




しかしタイミング的には若元春が猛然と勝負へ執着している場面。若元春も行事が取組を止めようとするしぐさには気がつかない。対して照ノ富士は行事が取組を一時止める合図に気がつき、力をふっと抜く。




その結果、若元春が照ノ富士を土俵の外へ追い出したという内容でした。




さてさてこの取組、当然に物言いがつき場内は騒然としました。




いい展開で盛り上がっていた状態での拍子抜けの結果・・・。




若元春が攻めていた場面だっただけに、ここで止める必要はなかったのではないのかという大方の見方でした。




行事の方も、これはちょっとミスってしまったという表情が画面越しからでも十分に伝わってきました。




長い審議の時間が過ぎて




結局は、取り直しとなりました。




勢いで勝負の若元春にでしたが、経験に勝る照ノ富士の前に、若元春は敗退してしまいました。




個人的にもリアルタイムで見ていましたが、なんだかやり切れない思いでした。




テレビ中継が終わりに差し掛かり、最後に解説の舞の海氏にマイクが向けられました。




舞の海氏「若元春が攻めている途中だったので、止めるべきじゃなかったですね」、「前代未聞ですね」、「厳しいようですが、行司の大失態ですね」。




これには共感させられたのと同時に、解説者として大変すばらしい意見ではないかと思うのです。どこか遠慮してしまうこともあるような意見を話す解説者もいるなか、芯の通った意見を述べられる解説者。拍手です。




冷静に「喝」を入れられる、舞の海氏の解説に、「あっぱれ」です。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/

[ 2022/07/17 22:51 ] スポーツ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計