fc2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

練習ではうまくいくのに、なぜ本番ではうまくいかない理由とは

ミスは誰でもしたくない。




当たり前のことかと思いますが




練習ではうまくいったのに、いざ本番のときに失敗してしまった。ミスってしまった。




あんだけ練習したのに、失敗してしまった・・・。




このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。






「ミスをしたくない」。「失敗をしたくない」。「ミスをしたくない」。「失敗をしたくない」。




本番前にこのようなことが繰り返し繰り返し浮かんできてしまうと、とたんに緊張度が増してしまい、結果的に本当にミスや失敗を引き起こす結果につながってしまいます。




練習の場面を想像してみてください。




まずは手順について意識が向いている関係上、どのように習得すればいいのだろうということに意識が集中していることが、ほとんどの場合多いのではないでしょうか。




憶えるということに意識が集中しているために、「ミスをしたくない、失敗をしたくない」という意識は薄れているのではないのでしょうか。




ですのである程度、技術が習得できれば、その通りにミスなくこなすことができるのです。




では本番・・・。




この時にどのような心持で対応すればいいのでしょうか。




「ミスをしたくない」。「失敗をしたくない」。「ミスをしたくない」。「失敗をしたくない」。ということに意識が集中してしまうと本当に現実になってしまう恐れがあります。




本番時には、ズバリ楽しみましょう。




いままで練習してきたことを、ここで披露できる。




「うれしい」。「たのしい」。「すばらしい」。




いかがでしょうか。




緊張感は残るものの、その緊張感は自分を高揚させる程よい緊張感としてプラスになります。




「うれしい」。「たのしい」。「すばらしい」。




本番前には、この単語で頭の中を満タンにしておきましょう。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html




[ 2022/01/27 11:30 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

成果や結果を求めすぎると過度な緊張が発生してしまいます

緊張が起こる場面を定期的にご紹介しておりますが、今回もそのお話です。




ズバリ緊張はなぜ起こるのか。




それは成功や結果を求めるからです。






緊張感のない人は、そのもの自体が自分にとってどうでもいいので緊張しないのです。




大切な場面で、まったく緊張感のないという人は、そのことについてまったく関心のないこととも考えられるのです。




すなわち大切な場面で、緊張をしているということは、そのことについて深く考えて重要性を説いていきたいという非常に責任感のある人ともいえるのです。




ですが緊張しすぎてどうにもならなく大変な思いをしてしまう方もいらっしゃいますよね。




そんな時には、自分の考えていることを伝えたい。ということを第一に考えましょう。




成果や結果はあとからついてくるものです。




成果や結果を考えることよりも、自分の考えていることを伝えたい。そうすることで過度な緊張は和らぐでしょう。




未来はわかりません。




わからない未来に対して、成果や結果を過度に求めようとすると、緊張はドンドンと大きくなってしまいます。




今に注力してみましょう。



ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html



[ 2022/01/26 11:27 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

「楽しむ」ことが緊張をやわらげることになる

最近、極度の緊張から徐々に解放されてきました。




そのような話を伺うことがありました。




最低でも月に1回は大勢の前で話す機会があり、そのたびに緊張のがんじがらめに襲われていたそうですが




どんどんと経験をすることでその緊張している場面が楽しめるようになってきたようです。




この楽しむということが、緊張をやわらげてきたものではないかと考えられます。






絶対に失敗はしてはいけない場面があった場合、ミスを恐れながら望むことも大切です。




しかし失敗をしてはいけない。ミスはできないという考えが大きすぎると、緊張という大きなプレッシャーの波に飲み込まれてしまいます。




失敗はしてはいけない。ミスも出来ない。




当然に事前の対策はしていることと思います。




でも今はどのように発表するのかを事前の対策とともにシュミレーションしながら、そして楽しみながらその場へと望んでみましょう。




「楽しむ」ということが、頭の中で埋まっていれば、緊張するという感情は表には出てきづらくなるでしょう。




とことん対策を講じ、いざ本番では、どのように受け取ってくれるのだろう。と楽しみにしながら発表をしてみましょう。



ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html




[ 2022/01/17 11:35 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

緊張しているということは成長しているということ。

最近、緊張した場面に出くわしたことはありますか?




緊張しながら、何かをしたことはありますか?




はじめて出会う人に対して、緊張をした機会はありますか?




緊張をするということは、何か新しいことにチャレンジしたり、新しい出会いがあった場合などの、なにか新鮮な刺激がある場合にも発生いたします。






自分が不慣れな場面に出くわすことで緊張します。




不慣れな場面に出くわすということは、今まで体験したことがない新しい何かに遭遇しているということです。




ゲームのロールプレイングゲームの場面であれば、新しい土地へいき、様々な出会いや体験をしていく。そしてレベルアップしていく。




緊張しているというのは、何かにチャレンジをしている証拠であり、これから成長していく切っ掛けをつかんでいるということでもあるのです。




緊張のない日々で刺激のない日々あれば人の成長は望めないでしょう。




知らないことに真摯に向き合うからこそ緊張は起こる。そして人は緊張とともに成長していく。




緊張するということは、とても良いことだということを感じ取りましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/10/22 11:36 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

WEB上での緊張する場面では、環境の強みを生かして緊張対策をしてみよう。

大勢の人の前での発表




WEB上での初めての発表




どの場面でも緊張はしますよね。特にWEB上での発表では相手へきちんと話が伝わっているのかどうかも気になり、不安になり、それが緊張を増幅してしまう結果にもつながるのではないでしょうか。




そのような時は腹式呼吸で深くゆっくりと息を吐いてみましょう。




深い息でゆっくりと息を吐いていると、呼吸も穏やかになり緊張がほぐれていきます。




もしWEB上であれば映し出されるのは上半身のみ、恥ずかしがらずにちょっと大げさぐらいのアクションで思いっきり腹式呼吸をしてみてください。




WEB上での環境を最大限生かしてみましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/14 10:59 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計