FC2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

WEB上での緊張する場面では、環境の強みを生かして緊張対策をしてみよう。

大勢の人の前での発表




WEB上での初めての発表




どの場面でも緊張はしますよね。特にWEB上での発表では相手へきちんと話が伝わっているのかどうかも気になり、不安になり、それが緊張を増幅してしまう結果にもつながるのではないでしょうか。




そのような時は腹式呼吸で深くゆっくりと息を吐いてみましょう。




深い息でゆっくりと息を吐いていると、呼吸も穏やかになり緊張がほぐれていきます。




もしWEB上であれば映し出されるのは上半身のみ、恥ずかしがらずにちょっと大げさぐらいのアクションで思いっきり腹式呼吸をしてみてください。




WEB上での環境を最大限生かしてみましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/14 10:59 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

100%うまくいく企画、商談、プレゼンはあるのか・・・。

この企画を通したい。




しかしプレゼンをするにあたり失敗をしたらどうしよう。




うまくいかなかったらどうしよう。




そのような思いが頭をよぎるのではないでしょうか。




その思いが強すぎることで緊張してしまい、思い描いていた結果からは遠ざかってしまった。そんな経験が誰にもあるのではないでしょうか。




ですが冷静に考えてみると100%絶対通る企画、プレゼントいうものが存在するのでしょうか。




答えは存在しません。といってよろしいでしょう。




ですので、うまくいけば通ればうれしいな。このような心の持ちようで、プレゼン提案をすることで、プレッシャーは半減されて、いつも通りのパフォーマンスを発揮することにつながることになるかもしれません。





100%は素晴らしい考えですが、緊張という呪縛に襲われてしまうことがあります。




完璧でなくても、いつも通りの自分で大丈夫。




そんな自分の声掛けが緊張をほぐし結果かがついてくるものです。








ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/03/04 11:34 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

オンライン会議で大切なのは「笑顔」。話の内容は二の次です。

最近の会議ではオンライン化が進んでおりますね。




パソコンを通じて自分の顔と声が映し出されます。




また当然ですが、相手にもその様子が映し出されます。




相手の顔と声も当たり前ですが、映し出されますね。




そこでズームの場合は発表する人の表情がクローズアップされることとなります。




なんとなく慣れないものですよね。




しかしそんな時に緊張でこわばった顔で画面に映し出されてしまうと、相手にもその緊張感が伝播してしまい、全体的に重苦しい雰囲気になってしまうものです。




そこで作り笑顔でも良いので、とにかく笑顔笑顔、笑顔を心掛けてみましょう。




人はまず目で見たものに対して敏感に反応いたします。




ニコニコと笑顔でいるだけでこの人は明るくて元気がよくて見ていてなんか心が落ち着くなぁー。そんな印象を得ることができることでしょう。




するとそのことが切っ掛けで参加者が徐々に笑顔になっていくのかもしれません。





緊張も伝播しますが、笑顔も伝播するものなのです。




話す内容も大事ですが、まずは笑顔笑顔。




笑顔でいれば話す側も自然と肩の力が抜けて思った以上のパフォーマンスを発揮することにもつながるのではないでしょうか。




「笑顔」





大切にしましょう。

ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/01/15 08:46 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

突然「10分間話をしてくれ」と頼まれた、そんな10分を3分に変える方法があります。

ある日、10分だけ話をしてくれ。




そんな依頼がございましたらどういたしますか。




人によっては、えっ・・・10分も・・・。そんな人が大半ではないでしょうか。




そもそも人前でいきなり10分も話す機会なんてないものですよね。




慣れていないので当然といえば当然ですよね。




しかし10分が3分になれば、ちょっと頑張れるのではないでしょうか。




そんな10分を3分にする方法などあるのでしょうか・・・。





話しをする上で話すことを「過去」「現在」「未来」1つのことを3つに分けてみましょう。




まずは1つの話を3分割して見ましょう。




すると3分ほどの時間に分けることが出来ます。




残りの1分は、その上で自分が感じたことを話せばいいことなのです。




10分間だらだらと話すのではなく、過去、現在、未来と区切ることで、話し手も頭の中を整理することが出来ますし、聞き手もそんなストーリー性があることで、わかりやすく理解することができるはずでしょう。




いかがでしょうか。まずはこれまでの話そうとしている内容を紙に書き出してみて、過去、現在、未来と分けてみましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/01/14 11:00 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)

「えー」「あのー」が口癖の人にはある心理的な特徴がございます。

昨日は「間」について、お話をさせていただきました。




その「間」を作る代わりに「えー」「あのー」という言葉を、会話のあいだに入れている方もいらっしゃいますね。




一方的に話を、されるよりかは間が入るのかと思いますが




話し手の心理的にはこんな心理が隠れています。



それは、沈黙が苦手。





沈黙することで、聞き手は「なんだ」「なんだ」と話し手に対して一斉に視線を浴びせることになります。



大勢の人々の目が一斉に、話し手に向けられる。




こんな状況を苦手としている人が、この「えー」「あのー」という単語を使い話をつなぎ、とにかく早めに切り上げて終わらせたい。という心理が働くわけなのです。




ではこのような方におすすめの対策は無いのだろうかということなのですが




間を作り、大勢の注目を浴びることになったら




こちらもこの「間」のなか、みんな聞いているかどうかを目で確認するのです。




以前、緊張の話をした時に、見られているから緊張する。見る側に立てば緊張しない。という話をさせていただきました。




今、まさにその心理を取り入れて、見られるという意識を「見る」という意識に、この場面で作るのです。




そうすることで、話にもメリハリがつくことはもちろんのこと、いったん落ち着くという「間」も作ることにもつながるのです。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2020/12/25 11:28 ] 緊張 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計