FC2ブログ

今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

トヨタ自動車が水素自動車で24時間耐久レースを完走しました。トヨタ自動車からは学ぶことが多いです。

トヨタが「水素エンジン車で24時間耐久レースを完走」というニュースがございました。




ガソリンではなく他の動力で動く自動車ですぐに思いつくのは電気ではないでしょうか。




その電気ではなく、水素を生かした自動車で臨んだ24時間耐久レースでした。




世間一般的にはガソリンに変わる動力として、電気へシフトチェンジが一般常識であると考えられますよね。




そうなのですが、あえて水素を動力とした自動車でチャレンジすることに、トヨタの豊田章男社長の車への愛と新しいことへの挑戦する心意気が感じられます。




普通に考えてみると、わざわざ未開拓の水素を利用するよりかは、進歩が進んでいる電気の方を選ぶと思いますが、「挑戦」「チャレンジ」して、一歩前へコマを進めることで、進歩が生まれる。ということをあらためて感じました。




そして今回の24時間耐久レースには、トヨタ自動車の豊田章男社長もレーサーとして参戦しております。




どう思いますか?





現場で一緒に考えて、行動し、悩み、汗水を共に流しながら、その時を過ごす。




現場で働く社員はとても心強く信頼関係を築けたのではないのかと思います。




トヨタ自動車の原動力がよく理解できた出来事ではないでしょうか。




トヨタ自動車からは、色々と学ぶことが多いですよね。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/05/23 21:10 ] 「感動」「うれしかったこと」 | TB(-) | CM(0)

スーパードライ「生ジョッキ缶」に感動

アサヒビールが発売しているスーパードライに「生ジョッキ缶」という商品が発売されました。




どのようなものなのでしょうか。






中身のビールはお馴染みの好評の辛口ビールそのまま。




違いは上部の蓋がカパッと全開になるということです。




缶ビールの上部は約15cmほどの寸法ですね。一般の缶ビールでは3cmぐらいの楕円形の開け口でございますが




このスパードライ生ジョッキ缶では、上部が「がぱっと」15cmそのままの寸法で開きます。(缶詰をイメージするとわかりやすいかもしれませんね)




そして開けた瞬間に泡がどんどんと缶の上部へ盛り上がってきます。




まさに店頭で「生1つ」といって出されるビールが思い出されるのです。




中身は同じビールなので・・・と、メーカーもまずはコンビニ限定で発売して見ようと発売したところ、即完売。




一番驚いたのはメーカーかもしれませんね。




わたし自身も購入して飲ませていただきましたが、泡がぐんぐんと盛り上がってくる光景に思わず「おおぉぉーーー」と声を出してしまいました。




現在は欠品中ですが、6月15日より発売予定との発表がございました。(限定発売になりそうですが)




まだ1ヶ月ちょい先の話ではございますが、興味がある方は是非体験してみてください。





メーカーも消費者も、驚き、うれしくなる商品でございます。

【まるで生ジョッキのうまさ】アサヒスーパードライ 生ジョッキ [ 340ml×24本 ]




【まるで生ジョッキのうまさ】アサヒスーパードライ 生ジョッキ [ 340ml×24本 ]




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html


[ 2021/05/10 11:34 ] 「感動」「うれしかったこと」 | TB(-) | CM(0)

美味しいものは感動を与えてくれます。悩みも吹き飛ばしてくれます。

お刺身の「ぶり」が美味しかった。




たまたま店頭で見つけたのでしたが




「産地直送」「数量限定」とのPOPが貼られた「ぶり」を発見しました。




たくさん取れすぎてしまったのか、そこそこのお安い価格でもありまして




食したのでありましたが




新鮮なものは、やっぱりおいしい!




夢中になりながら食べさせていただきました。






美味しいものは人に感動を与えてくれます。




その感動はちょっとした悩みなども吹き飛ばしてくれます。




なにかちょっと最近いいことがないな~。




そんな方がいらしたら、何も考えずに美味しいものを食べる。




そんな体験をしてみるのも良いですよ。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/03/29 11:06 ] 「感動」「うれしかったこと」 | TB(-) | CM(0)

武藤敬司選手、3大メジャータイトル制覇

プロレスラー武藤敬司、史上最年長で3大メジャーのベルトを奪取しました。




プロレス3大メジャーとはいったい何なのでしょうか。




簡単にご説明いたしますと




まずはご質問です。プロレスと聞いて思いつくレスラーは誰でしょうか




アントニオ猪木




ジャイアント馬場




この2人が頭を過ぎったのではないでしょうか。
(答える方の年代にもよりますが・・・)




この2人が作ったプロレス団体、アントニオ猪木の新日本プロレス。ジャイアント馬場率いる全日本プロレス。そして全日本プロレスから脱退して作られた、三沢光晴率いるプロレス団体ノア。




新日本プロレスは、IWGPのベルト




全日本プロレスは、3冠王座ベルト




プロレスリング ノアは、GHCベルト




とあるわけです。




この3つを武藤敬司選手が奪取したのです。




昨日の対戦では、GHCのベルトを掛けた戦いでした。




相手の選手は潮崎豪(38歳)に58歳の武藤敬司が挑んだ試合でした。




潮崎選手もベルトを巻いているということで現役の超一級戦での素晴らしい選手です。




しかし、結果は58歳の武藤敬司選手が勝ったのです。




次の防衛戦も楽しみでなりませんね。




応援しています。





そして今日はその他にもスキージャンプの葛西 紀明(48歳)さんも活躍していました。





サッカーの三浦知良もまだまだ現役。




いやー凄いです。




「もういいや」「ダメだ」「終わりだ」




そんなことを頭の中で考えてしまうと、体もそうなんだと脳からの伝達をそのまま受け取り、もう何もしなくなってしまいます。




そして右肩下がりにどんどんと体力的にも精神的にも下降線を辿るばかりです。




しかし、しかし、体力的な疲労は隠せないこともあります。が、こうした精神的な刺激が与えられることにより、人の何か持っているものが覚醒しないでしょうか。




あとは今まで培ってきた経験と知恵とがミックスされて人の成長は続くのであります。




まだ、まだ、まだ、まだ、いけます。




なんとなく自信がない人も応援は出来ますよね。




まずは自分と照らし合わせて応援しながら心をホットにしてみてもいいのではないでしょうか。




さぁー「元気があれば何でもできる」。アントニオ猪木さんが良く使う言葉ですが、その通り。




元気を忘れずに今日も明日もがんばりましょう。








ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/02/13 19:23 ] 「感動」「うれしかったこと」 | TB(-) | CM(0)

新年あけましておめでとうございます。



2021年がはじまりました。




見事な初日の出でした。




あらためて「新年あけましておめでとうございます」




「本年もどうぞよろしくお願い致します」




さてさて皆さまは初詣にはいかれましたでしょうか。




いろいろなことを考えながらお祈りをしたのではないでしょうか。




考えれば考えるほど、今は周りを見回すと不安なことが多いことが多いのが現実としてあります。




「これからどうなっちゃうのだろう」こんなことも頭に過ったのではないでしょうか。




不安という考えは人間の防衛システムに備わった感情です。




生きる為に危険は回避するという防衛システムでもあります。




あぶない危険だという場面があれば当然その行為は回避します。




その前兆に不安という感情が、まずは芽生えるのです。




ですからどうしても不安という感情が先行して頭を過ぎってしまうものなのです。




コロナ過・・・。仕事は・・・。生活は・・・。




そんな不安が頭を過ぎる・・・。




なんか気持ちが暗くなってしまっている。そんな方がいらしたら、「楽しいこと」や「凄いな」と感じたことをまずは思い出してみてください。




人はネガティブ感情とポジティブ感情は同時に考えることは出来ません。




新年初頭、ものごとはポジティブに考えて、その中で「またこんな楽しかったことを体験したい」ということを思い出し、それを今年の目標として打ち出すのが良いのではないでしょうか。




個人的には、那須岳の山頂までの登山を目指しております。




今年も挑戦、挑戦、挑戦。




挑戦の数だけ人は成長します。




挑戦し壁を乗り越えた先に見える景色をまずは想像しながら今年1年のスタートとして一歩を踏み出しましょう。




それでは今年1年よろしくお願い致します。


ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
[ 2021/01/01 08:52 ] 「感動」「うれしかったこと」 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計