fc2ブログ

【1分でわかる】今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。

「死なないでください」

「死なないでください」




先日に伺った健康診断での問診時の会話の出来事でした。




体は異常なくても心はわからない。




健康診断ではなおさら心の状況はわかりません。




そこで診断をする先生からは最悪の事態を防ぐ為に「死なないでください」と声掛けをするとのことでした。





負の感情は、自分で思いつめることで自分が気がつかないうちにどんどんと膨れ上がっていきます。




「どうしよう」が「もうダメだ」、そして今後どうなるんだろう。もう生きていても仕方がない。




負の感情が一気に沸騰するような状態で最悪な結果につながっていく可能性が高くなってしまうのです。




その状況での心の奥は「真っ黒」。




そのまま最悪の状況が考えられるのですが、いざ最悪の行動をつなぎ止めるのが「死なないでください」という言葉です。




その言葉が、ふっと我に返らせてくれます。




これはお医者さんの先生だけが語りかける言葉ではありません。




身近な人が語りかける言葉でもあります。




先日、神田沙也加さんがお亡くなりになりました。




なんとか阻止できなかったのかと思う限りです。




苦しいこと、辛いこと、涙が出ること、いろいろと生きていれば起こります。




先日のM1でも50歳という年齢にも関わらず見事優勝することが叶いました。




ここまでの道のりは順風満帆ではなかったでしょう。




「もうダメだ」「何のためにやっているのだろう」「もう辞めたい」。そんな感情が沸き出ていたのかと思います。




それが合い方が励まし、その励ました合い方が励まされたりと、双方が少なくなったエネルギーを注入しながら乗り越えてきたのではないかと思うのです。




人は支えながら生きています。




励ましの言葉、勇気つけられる言葉、ちょっとした感謝の言葉、それが救われるのです。




その救いの言葉は皆様方がかけるのです。




何気ない言葉でも、受け取る側としては物凄い力となることもあるのです。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/20 11:34 ] 考えなきゃいけないこと | TB(-) | CM(0)

大阪北区ビル火災

大坂の北区で起きたビル火災




現在把握できているだけで24名の方がお亡くなりになってしまいました。




火災は8階建ての建物で、4階のフロアから出火




火元は4階の階段前であり、避難するにも階段から下階へ逃げるルートしかなく、階段を使って降りる場合は、火の中を切り込んで避難階段へ突入する方法しかないという状況でした。




結果、多くの人が4階部分に取り残されてしまい24名の方々がお亡くなりになってしまうということとなってしまいました。




4階にいた方々は逃げるに逃げられない。どうしたらよいのかと無念の気持ちだけが取り残されたかと感じ取れます。



本当に非常につらい出来事でした。




幸いにも防火扉がキチンと閉まったのでしょうか、煙が上階へと流れ込むことはなかったように思われます。




しかし24名の尊い命が奪われてしまった火災でした。




多くの方は煙による一酸化中毒が死因の原因とされております。




火災の恐ろしさをあらためて思い知らされました。




これ以上の辛く悲しい想いはしたくないものです。



ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/19 10:50 ] 考えなきゃいけないこと | TB(-) | CM(0)

千原ジュニアのタクシー乗り継ぎ旅の「越前ガニ」が凄かったです。すると・・・人はどのような行動をするのでしょうか。

見ているだけでよだれが出そうでした。




これは本日放映があった「千原ジュニアのタクシー7乗り継ぎ旅」での出来事でした。




こちらの企画は、タクシーを乗り継いで目的地へ行くという企画。




今回は、岐阜から石川の兼六園を目指すという内容でした。




途中、チェックポイントとして設定されていた、福井県の景勝地の「東尋坊」へ寄りました。




東尋坊と言えば、よくサスペンスドラマのクライマックスで出てくる海沿いの絶壁で犯人と刑事とのやり取りのロケ地として有名なのでしょうか。




それもそのはず、日本海に面した海食崖での風景は壮大なものです。




海沿いには、険しい岩壁が続き、最も高い場所で約25mの垂直の崖がある風景はなかなかお目に掛かれません。




すばらしい絶景に一度は行ってみたい場所へと頭へ刷り込まれました。




その後、日本海での海の幸をいただくという展開へとつながっていきます。




そこでメインとして出てくるのが越前ガニでした。




今回訪れたのは、皇室献上品として貢献しているお店でした。




そのお店の皇室へ献上している越前ガニですが、一般販売価格はなんと11万円。




すごいですよねー。




学生の方々ががアルバイトをしていたとしたら、その一か月分の賃金が越前ガニ分と言ってもいいのかもしれませんね。




番組では、その11万円の越前ガニを食することとなりました。




食した瞬間・・・。




おいしさに満ち溢れた笑顔がテレビの前にも伝わってくるのですねー




食べた後に出てくるコメントの「うまい」が、全身に伝わることがわかりました。




あの笑顔と食べた瞬間の素直なコメントはもう偽りのない素直な感想として、見ている人の心へ一気に入り込んできました。




個人的な感想は素直に「絶対に食べたい」という感情が心の底から湧き出てきました。




そして不思議なことにそんな目的が出てきた瞬間に、ではどのような交通機関、スケジュールを立てればその目的を達成できるのかを模索する自分がいたのですよね。




自己検証すると、この行動力はとても驚きました。




想定外の行動力でした。




そこで感じたのは的確な目的が設定されていた場合には、人はとてつもない行動力を発揮するということです。




人が生きるための食する行為は、本能的に強く行動として直結するのではないかと強く感じました。




振返ると・・・




越前ガニの生の刺身を一気に食する姿はとてもとても脳裡に焼き付かれました。




そんな楽しみがあるこで日々の生活は活性化されることでしょう。




楽しいことや素晴らしい感動を常日頃生活に取り入れながら生活してみてはいかがでしょうか。






ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html



[ 2021/12/18 23:22 ] 行動 | TB(-) | CM(0)

WEB上での交流で大切なこと(メラビアンの法則に学ぶ)

もう馴染みになってきているWEB上(ZOOM等)で画面を見ながら交流する機会が増えてきています。




現地へ行かなくても情報を仕入れ、学び、交流を深めていく。ひとつの手段になりましたね。




その中で、情報を仕入れ、学ぶということにたいしては、本当に役立っておりますが




交流を深めていくという視点に立って見ると、人それぞれの感想があるように思えます。




仕事上の会議などでは、情報を共有しあいながら時間を過ごすことが多いでしょう。




しかしながらそれ以上でもそれ以下でもない交流とも言いかえられます。




とても事務的な交流になっているのでないでしょうか。





メラビアンの法則にある言葉で、「相手の好意の判断の実に9割が、言語以外のコミュニケーションである」とあります。




いくら、言葉でラブコールを送っても、表情、動作、姿勢などが相手の好意に関係してくるというものなのです。




言語以外のコミュニケーション9割が好意の判断とされるのですね。




ですのでWEB上で交流を進める時には、話したいことだを話すのではなく、表情などの変化を加えることが好印象を与えるということとなります。




表情の変化、わかりやすいところでは笑顔です。




相手の話に笑顔で答える。




ここでちょっと想像してください。




話しで側からみて無表情で話を聞く人と、笑顔でうなずきながら話を聞く人と、どちらに好意を持つでしょうか。




日常生活も含めて、笑顔を絶やさずに過ごしましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html


[ 2021/12/17 11:20 ] 話し方 | TB(-) | CM(0)

「あれもやる」「これもやる」では失敗します。

あれもやらなければ




これもやらなければ




新規事業を立ち上げる場合に、やる気と希望に満ちています。




しかしここでご忠告




「あれもやらねば」「これもやらねば」と思っている人は失敗します。





あれもやらねば、これもやらねばと色々なことへと視野を広げることでどれも中途半端で終わりどれも成功しなかったということが多いに過去の経緯が示しています。




いくつかの選択肢があることはとても良いことです。




その選択肢の中から「これをやる」。




ということを固い決意のもと決めて徹底的にやる。これがもっとも勝率の高い戦い方です。




中小企業であれば、これだけは大手に負けないというひとつ抜けに出る光り輝くものがその後の経営を支える結果にもつながるでしょう。




これだと思うものに光を当てて取り組みましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/16 11:24 ] 仕事術 営業 | TB(-) | CM(0)

相手の考えていることがわからない場合は相手の足を見てみよう。

相手との一対一の交渉事。




話の内容には寸分の無駄もなく、生き迫る展開です。




交渉中も内容について、相手がどのように感じているのかもまったくわからない状態です。




平行線が続いている状況・・・。




このような時は相手の表情を見て判断するのではなく、足を見て判断してみることをおすすめいたします。




足の先がドアの方を向いていれば、ここから立ち去りたい。そうでなければまだまだ話を続けて交渉してもよい。という表れが足の方へ伝わっているのです。




表情を作ることは出来ますが、その表情へ意識が強く集中することで、顔から遠いい足の方の意識が不用意になっていくのです。




その不用意になっている足先に本音が隠されているということなのです。





足以外にも体の向きにも同じように注目してみましょう。




前のめりに聞いてくれるのであれば、もっと話を聞きたい。




そうでなければこの話には興味がない。といえるでしょう。




表情を見て感じ取ることができなければ、体全体を通して見てみましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/15 11:25 ] 仕事術 営業 | TB(-) | CM(0)

ぬくぬくと部屋に、こもっている社長は要注意。

寒くなってきましたね。




こう寒いと外に出掛けて仕事にも行きたくない・・・。




そんな人も・・・いるのかもしれませんね。




これは一般社員に限ったことではありません。





会社のお偉いさんの社長でも同じことが言えます。




社長室や重役室にこもって書類に目を通してハンコだけを押す。文句があれば呼び出して注意をし部下を動かす。




馴れてしまうと、その室内にこもったまま出てくることができなくなります。




すると・・・。




自分の世界で考え命令し、それが現場の状況とそぐわない結果になり、業績が悪化していく・・・。ということへつながっていくのです。




お客様の情報も、ライバル会社の情報もなければ正しい判断はできませんよね。




社内の業績は外部環境によるものと考えられますが、実は内部環境の変化が原因で悪化していくというのが多いものです。




年末も近づいてきました、今だから外へ出て、現場で何が起こっているかを察知してみましょう。




口を動かす前に、足を動かしましょう。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/14 11:14 ] 仕事術 営業 | TB(-) | CM(0)

中古車が高騰している理由とは

中古車の金額が高騰しています。




これはご存知のこと半導体不足の為に、新車の納期の見通しが立たないということで




中古車を買おうかと需要が増しているようです。




それともう一つ、中古車が減っているというのも要因の一つとしてございます。




なぜ減っているのでしょうか。




中古車の販売が好調で数がどんどんと減っているというのもありますが、もうひとつ大きな原因があります。




それは新車を買う場合、現在乗っている車が下取りとして新車販売店で引き取られますよね。




その下取り車ですが、新車の販売が遅れていることで、下取り車が新車販売店へ流通し、中古車市場へ流れるという一連の流れがストップしてしまっているという現象が起きてしまっているのです。




買って、売って、買う。




この流れのバランスが崩れていることでいつもと特殊な状況が生まれているということなのですね。




また流通についても、このように買う人、売る人、買う人とそれぞれの立場の方々の存在があることで成り立っているということでしょう。




こんな状況だからこそ学べることは学び役立てましょう。









ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/13 11:28 ] 生活の知識 ちっとした雑学 | TB(-) | CM(0)

アメリカで竜巻が起きている原因は・・・。今の地球との付き合い方とは・・・。

アメリカで大規模な竜巻が多く発生しています。




なぜこうも急に発生したのでしょうか。




いま話が出ているのは、気候の影響があるのではといわれております。




冷たい空気がある場所へ暖かい空気が入り込むと、自然と空気に流れが生まれます。




普段過ごしているご自宅の部屋にも空気の流れは発生していますよね。




タンスの上を見てみると空気の流れに乗ったホコリが溜まっていたりしますよね。




それが地球規模で発生するとどうなるでしょうか。






テキサス州ヒューストンでは現地時間の9日(木)と10日(金)の最高気温が30℃近くまで上がっています。




今回の竜巻で原因とされているのは




アメリカ南部の記録的な暖かさになっていた所に、上空5500m付近でのマイナス30℃以下の強い寒気が南下してきたため、大きな温度差が発生し、それによって活発な前線が形成されたといわれていると検証されています。




では、見方を変えるとこの温度差が発生しなければ竜巻も起こらないということといえるともいえますが




いかがでしょうか・・・。




現状は気候を変えるということは、非常に難しいといえるのではないでしょうか。




地球温暖化防止の取組は行われていますが、即効性は今のところ感じられないのが現実かと感じられます。




いつ何が起こるかわかりません。




気候についてのお話のほかにも、日本各地で起きている地震にも頻発しておる状況もあります。




自然の力は本当に大きな力です。




抵抗するすべもありますが、自然に対して順応することも手段のひとつです。




自然とともに生きる。




自然のありがたさ、反面自然の驚異を認めながら生きる。




つまりは、どのようにうまく付き合いながら考えて生きる。これが今求められている能力かもしれません。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html



[ 2021/12/12 21:52 ] 考えなきゃいけないこと | TB(-) | CM(0)

「野村監督、本当にありがとうございました」。多くの人々、野球人が感謝をしております。

昨年の2月にお亡くなりになってしまった野村克也さんを偲ぶ会が本日おこなわれました。




参加者には




ヤクルトスワローズ時代に監督と選手の関係であった古田敦也さん




そのヤクルトスワローズを昨日みごと優勝に導くことができた高津臣吾さん




阪神タイガースの監督時代には、とてもかわいがられ育った新庄剛志さん




今年セリーグの優勝を争った矢野燿大さんも野村さんが阪神タイガース監督時代に教えを受けた一人でもありましたね。




田中将大投手の飛躍のきっかけを作ったことでも知られている野村監督「マー君神の子不思議な子」は今でも耳に残っています。




その田中将大投手も本日のしのぶ会に参列されていました。




現役時代投手と捕手の関係であり、現役を引退した後も解説者と監督として意見をぶつけ合った江本孟紀さんも参列されていました。




憎まれ口を叩きながら結果的に選手たちは大きく育ち今輝きを放っています。




生前、野村監督は「俺の葬式は誰も来ないだろうな」とおっしゃっぃたそうですが、こんなにも多くの方が駆けつけました。




天国の野村監督はどのように思っているでしょうか。




あいさつがてらに憎まれ口を叩きながら、心の中ではとても喜んでいるのではないでしょうか。




野村監督は残念ながらお亡くなりになってしまいましたが




野村監督が築き上げてきたものは、ぐんぐんと育ってきております。これから芽を出そうともしています。




天国にいる野村監督からは、「ちがう。そうじゃない」とのボヤキもたまには聞かれるかもしれませんが、その言葉を発している表情は笑顔で満ちているのではないでしょうか。




所属したチーム以外にも野球界全体の技術の進歩、時計の針を大きく動かしてくれたのではないでしょうか。




野村監督の生のボヤキは聞けなくなってしまい寂しくなりますが、教え子たちの活躍が見ている人のポッコリ空いた穴を埋めてくれるでょう。




野村監督、本当にありがとうございました。




ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html



[ 2021/12/11 22:32 ] スポーツ 野球 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計