fc2ブログ

【1分でわかる】今日の今週の心動かされた出来事

「日々の出来事」や「便利な商品」「役に立つ情報」を毎日更新させていただきます。よろしくお願いします。
月別アーカイブ  [ 2021年12月 ] 

「3秒の間」は、期待と不安と疑問を生み出す

3日間にわたった「間」についてのお話です。




本来は一気に3つの「間」をご紹介する予定でしたが




それこそ「間」を取ってご紹介するのがいいのかなと感じお時間を取らせていただきました。






ではさっそく3つ目の「間」として「3秒の間」についてです。




この「3秒の間」は主に交渉事や悩み事のお話をしている場面で用いることが良いです。




商談の場面




こちらがお客であり、相手が販売員の場合があったとしたら




最初に販売員が商品の紹介を進めていく場面がおおくのシチュエーションとして想定できますよね。




そこで聞き手が短い相づちや間を入れることで、その場面は話し手側へと話の主導権がわたってしまうことが考えられます。




そしていつの間にか話し手側のペースに、はまってしまい気がついたら思わず必要のないものを購入してしまう・・・。




そんなことが考えられますよね。(そうそう思わず買ってしまいました・・・。というかたもいらっしゃるかもしれませんね)




この時に、販売店が話をしている場面で、長い「間」を入れたらどうなるでしょうか。




販売店の方は(どうしたんだろう。私の説明が悪かったのかな)とういうような考えが過り、疑問や不安が感情として湧き出て自分のペースを作り出すことができなくなるはずです。




ちなみに聞き手側としては、本当に必要な商品であれば、そのまま話し手側の声に耳を傾ければよろしいし、必要な商品でなければ、話は聞くけれど購入の意思はあまりないよというサインを送ることにもつなげられるかもしれませんよね。




悩み事の話については、話の内容について、キチンと理解をしなければいけませんよね。




2秒の間以上に間を取る必要があるでしょう。




話の内容を理解解析し、その悩みに対して誠意を持った回答をする。意識的に「3秒」ほど間を作り出すことで相手の心へ響く内容が出来あがるのではないかと考えられます。




そしてこの考える「間」というのも相手側としては、考えてくれているんだという印象を与えることを植え付けることが結果的に生まれます。




深刻な悩みを話しているなか、短い相づちでは、相手側としては「きちんと話を聞いてくれているのかと」疑心暗鬼になってしまうかもしれませんね。




ですから真剣に一語一句理解し一緒に解決策を考えているんだよという「間」としては3秒が必要なのです。




3秒の間は、相手へ期待感を作り




時には自分を守るために相手へ疑問や不安を与えることもできる「間」でもあるのです。





ISHIZAKIコミュニティ研究所
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html

[ 2021/12/09 11:12 ] 話し方 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ishizakihirotaki

Author:ishizakihirotaki
ISHIZAKIコミュニティ研究所のブログです。
https://www.ishizaki-c-r.com/index.html
よろしくお願い致します。
「リンク」からお越しください
!(^^)!

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こびとさんの時計